​コラムVol.3

​どんな企業が導入しているの?

建築会社さんが

ダントツで

​多いで!

今回はラグレス(Lag  Less)を導入する企業とはどんな業種なのか。

またその背景とは、、、?​高田さんに聞いてきました!

【高田 悠一】インベストデザイン株式会社の創業者​。大学在学中にベトナムでの飲食店の立ち上げ後、株式会社船井総合研究所に入社し、建築・不動産業界のコンサルティングに従事。自身の実家は大阪で建築設計事務所を営む。
【比嘉 真未】インベストデザイン株式会社の広報担当。​ラグレス(Lag  Less)を一人でも多くの人に知ってもらうことをミッションに、さまざまなことに挑戦する広報女子。
 ​比嘉 

​さぁ~今回も聞いていきますよ~

高田

 

​なんでもウェルカムでっせ!

 ​比嘉 

いきなり関西弁、、、(笑)まぁそれは置いといて!

ラグレス(Lag  Less)はどんな企業が導入されているんですか?

高田

 

​業種でいうと、建築業・運送業・通信業・IT業など様々やね~

 ​比嘉 

​その中でも、導入が多いのはどんな業種なんですか?

高田

 

現段階(2019年3月)では、建築業​の方が圧倒的に多いね。

全国の建築会社にラグレス(LagLess)の説明をする高田

 ​比嘉 

​確かに。。。協力会社不足の話はよく耳にします。

高田

 

指標として、有効求人倍率っていう​「求職者」と「人材募集をする企業」の比率を表す数値があって、全業種・全エリアで1.63倍っていう数字やねん!

 ※出展:厚生労働省

 ​比嘉 

​人材1人に対して、人が欲しい企業が1.6社あるという事ですね。

高田

 

​そうそう。さらに、建築業に絞ると技術者が6.03倍、作業員が4.59倍​と、とんでもない倍率やねん!!

 ​比嘉 

​えっ!?

人材1人に対して企業が4.5社~6社いるってことですか?

高田

 

​うん。建築会社にしてみれば、事務とか営業の方を確保するよりも施工管理技士や建築士、それに職人さんの確保の方が数倍大変なんよ。。。

 ​比嘉 

​事務や営業の人材募集でも大変だというお話はお聞きしますが、

それ以上に大変なんですね。

さらに、これから団塊世代の方が引退されるので、

この数値の増加により拍車がかかるかと・・・

高田

 
 ​比嘉 

​(;゚Д゚)。。。。。

この数値に危機感をもたれて、ラグレス(Lag  Less)を導入するケースがほとんどやね。

高田

 

​時代背景から見ても、

ラグレス(Lag  Less)はこれから引っ張りだこですね!

 ​比嘉 

高田

 

​そうだと思うよ~

われわれとしては楽しみやね!

 ​比嘉 

ラグレス(Lag  Less)いいですね~

確かに今後の展開も楽しみです!ありがとうございました!

インベストデザイン株式会社

Copyright © 2019 Invest Design.,Ltd. All Rights Reserved.